妊活中、食べた方がよいもの。食べてはいけないもの。

健康な妊娠生活を送るためには、妊活中の食事は一大事です。 何を食べたら良いのか、また、タブーを調べました。

妊活中に、ぜひにも、食べたほうが良いものとは?

 

あなたが、妊活を始めるにあたって、

食べてはいけないものは、たくさん

あります。

 

しかし、ここでは、ぜひにも

進んで、食べたほうが良いものを

紹介します。

 

これは、あなたのこれまでの生活で、

あまり意識して食べていないものだと

思いますよ。

 

妊活中に、食べたほうが良い、というか、

食べなければいけないもの・・・

 

それは、葉酸です。「ようさん」と読みます。


妊娠すると、妊婦さんは、

一般の人よりも、多くの葉酸を必要とします。

 

葉酸を多く含む食材】


   葉酸は、緑の野菜に多く含まれています。

   下記に葉酸を含む食材を書きました。


   実際に妊娠したら、あなたの好きな食材を、

   好きな料理法で、抵抗なく食べられるように

   今のうちに見つけておきましょう。


   ちなみに、好みの問題もありますが、

   下記の中では、「納豆」が一番すぐれています。

 

   ちなみに、納豆をはじめとする大豆食品は、

   妊娠中のストレスを軽くし、妊婦さんの「うつ」

   六割も軽減する効果があることが、最近わかってきたのだそうです。


   納豆には、葉酸のほかにも、カルシウムが含まれているので、

   ニオイが苦手という人もいるでしょうけど、

   妊活中に食べられるようになると最高ですね(^^)


  【葉酸を多く含む食材】

     枝豆                    (80g)          141μg (0.14mg)

     ホウレンソウ (60g)          126μg (0.13mg)

     アスパラガス (3本)           114μg(0.11mg)

     ブロッコリー (2房)         105μg   (0.1mg)

     サラダ菜     (40g)           28μg (0.03mg)

     納豆       (50g)                60μg(0.06mg)

     甘栗                   (大3個)        44μg(0.04mg)

     焼き海苔           (5枚入り)      38μg(0.04mg)

     きな粉              (大さじ1杯)18μg(0.018mg)

     いちご              (中5粒)        68μg   (0.07m)

 

 

忙しい毎日の中で、上記の食材を、

うまく料理して食べることが、むずかしい時は

サプリメントを活用すると良いです。


サプリメントといっても、種類がたくさんあり、

効果が出るまでに、時間がかかったり、

値段が高かったりして、躊躇しがちなのですが、


「妊活中に必要なサプリメントという面に特化しています。


上手に食事と併用すると効果がありますよ。


詳しいことは、下記をご覧ください。

  ↓  ↓  ↓